株式会社 今泉鋳造鉄工所

054-259-1331

info@imaizumichuzou.co.jp

ご挨拶

  • 意識改革を実施し 全社員一丸となって品質向上を目指します

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。弊社は全国に先駆けて整備された静岡機械金属工業団地に移転して59年鋳鉄の鋳造と機械加工でお客さまに貢献してまいりました。鋳造では小物・中物の多品種少量生産品と量産品どちらも対応できるよう生型造型ラインと手込め自硬性ラインにて製品重量0.5~300㎏のFC、FCD、FCVの鋳物を製造しております。機械加工では鋳物の加工を横型・立型マシニングセンター、立型ターニングセンターNC旋盤を配備し、様々な複雑加工に対応し、3次元測定機にて製品の保証をしてお客様に提供しております。また、3次元CADCAM導入により、機械加工への対応とともに鋳造型の製作を始めました。今後は鋳造型から鋳造、機械加工までをお客様に提供し、納期短縮のお役に立てればと考えております。2007年2月に取得した「ISO9001」にて品質の向上、品質の安定化を図り、2008年3月に取得した「エコアクション21」にて環境改善に取り組んできました。今後もお客様の満足度を向上するべく、新しい技術を取り入れ、全社員一丸となって品質の向上、品質の安定、納期の安定、環境改善に取り組んでまいります。

  • 今泉秀樹

会社概要

●名称
株式会社 今泉鋳造鉄工所
●代表者名
代表取締役社長 今泉秀樹
●所在地
静岡市駿河区北丸子1丁目8番10号
●電話番号
(054)259-1331
●ファックス番号
(054)259-5729
●URL
http://www.imaizumichuzou.co.jp/
●創業・創立
創業:大正13年11月11日 創立:昭和38年12月20日
●資本金
1,000万円
●敷地
3437.20㎡
●建坪
2202.63㎡
●事業の種類
銑鉄鋳物(FC、FCD、FCAD)、非鉄鋳物(AC)の鋳造及び機械加工
●生産能力
350トン/月
●主要取引金融機関
商工中金静岡支店、日本政策金融公庫静岡支店、静岡信用金庫丸子支店

沿革

●大正13年11月
初代今泉勇が韓国釜山府に於いて創業
●昭和21年3月
終戦により引き上げ、静岡市井宮町に鋳物工場及び 機械工場を設立。操業を再開
●昭和38年12月
静岡機械金属工業団地に移転。株式会社に改組
●昭和38年12月
今泉壮一が2代目社長に就任
●昭和63年1月
キュウポラ操業から転換。1トン高周波誘導炉導入
●平成9年5月
機械加工工場 清水工場から本社工場に移転
●平成9年9月
今泉秀樹が3代目社長に就任
●平成18年2月
手込めライン、アルカリフェノ-ル設備導入
●平成19年2月
ISO9001-2000取得
●平成20年3月
エコアクション21認証取得
●平成21年3月
事務所棟兼加工工場新設
●平成22年1月
ISO9001-2008に更新
●平成30年3月
ISO9001-2015に更新
●平成30年12月
1トン高周波炉を2トン高周波炉に更新

事業内容

鋳鉄の生産と鋳物の機械加工

●鋳造 <材質> □普通鋳鉄:FC200,FC250,FC300

□ダクタイル鋳鉄:FCD400,FCD450,FCD500、FCD600,FCD700,FCD800

□オ-ステンパ-ダクタイル鋳鉄:FCAD900,FCAD1000,FCAD1200

<鋳造方法> □量産鋳物

・枠サイズ:500x600の自動造型、自動注湯による量産品の鋳造

・重量:0.5kg~25kg程度の鋳物

・大きさ:50mm~400mm程度の鋳物

・肉厚:6mm~300mm程度の鋳物

・渦巻状(ロ-タ)製品の鋳物

□手込鋳物

・枠サイズ:1000x1000の鋳造(ピン合わせ方式)

・重量:30kg~300kg程度の鋳物

・大きさ:30mm~800mm程度の少ロット、量産品の鋳物

・アルカリフェノ-ルによる安定した球状黒鉛鋳鉄の鋳造

・大物渦巻状(ロ-タ)製品の鋳物

・台車による流れ生産方式

<品質保証体制> □ドイツ製スペクトロMAX発光分光分析装置による炉中、製品分析

□ダクタイル鋳鉄については全製品超音波測定器による球状化率管理

□30トンアムスラ-引張試験機による強度管理

□デジカメ式金属顕微鏡による金属組織の確認、デ-タ管理

□パソコンによるトレ-サビリテイ

●加工 <加工方法> □3次元CAD/CAMによる加工プログラム、加工治具の作成

□鋳造型から鋳物、機会加工まで早期完成品の製造

□多品種少ロット対応

<加工設備> □NC旋盤5台(Φ250チャック)

□縦型マシニングセンター3台(テーブルサイズ:400X600)

□横型マシニングセンター3台(テーブルサイズ:□500:2パレ1台/□630:8パレ2台)

□ターニングセンターΦ1000X500

□NC円筒研削盤1台

□汎用旋盤

□汎用フライス盤

□ラジアル及び直立ボール盤

<品質保証体制> □CNC3次元測定機によるロット毎の検査表作成

□計測検定 加工課全員2・3級合格

□測定器の校正実施

□ロットごとの検査表作成

ISO9001・エコアクション21

  • ●ISO9001:2015 041012007年2月 Moody international Certification LTD. (現Intertek)より国際標準化機構が定めるISO規格の『鋳造と機械加工』の分野においてISO9001を取得、2010年1月にISO9001:2008に更新、2018年3月にISO:2015に更新しました。今後21世紀の飛躍に向かって日本のものづくりを支えるサポーティング・インダストリーである鋳物の『鋳造と加工』において、更にお客様の満足度を向上すべき課題を克服し、全社員一丸となって品質向上に取組んで行きます。 何卒より一層のご愛顧、ご指導を頂きます様お願い申し上げます。
  • ISO9001
  • ●エコアクション21 00024772008年5月財団法人 地球環境戦略研究機関より『鋳造と加工』の分野において認証・登録されました。生産において持続可能な社会の構築に向けて資源エネルギ-量の削減、環境負荷物質(CO2,廃棄物等)の排出を減らし、更に効率の改善、製品・サ-ビスに展開を図って行きます。
  • エコアクション21

アクセス

  • <お車でお越しの方>●東名高速道路からお越しの場合:静岡ICにて下車 北上(右折)し、旧国道1号線の4つ角を左折して戴き、直ぐに安部川大橋を渡り約1Km、右側にイオンのショップ過ぎて直ぐの交差点、右折し、北上約100m右側の工場です。

    ●国道1号藤枝、焼津方面からお越しの場合:国道1号バイパスを静岡方面に向かって戴き、約1Km左側に歩道橋のある交差点を左折し北上約100m右側の工場です。

    ●国道1号静岡方面からお越しの場合:安部川大橋を渡り約1Km、右側にマックスバリューを過ぎて直ぐの歩道橋のある交差点、右折し、北上約100m右側の工場です。

    <電車でお越しの方>

    ●静岡駅からお越しの場合:タクシ-で約10分です。

    ●安部川駅からは:北口に階段を下りて戴きます。お迎えに伺いますので、事前に御連絡下さい。※タクシ-は出ていませんので、ご注意下さい。